【保存用】着室で思い出したら、本気の健康だと思う。
ホーム > 現金化 > それぞれの幸せ。息子と私のケース。

それぞれの幸せ。息子と私のケース。

引っ込み思案な息子は、友達の輪の中へ入って行くのが苦手です。
入園して集団生活に慣れたら変わるかと思っていましたが、入園後も相変わらず引っ込み思案です。
しかも不器用なので友達との関係をうまく作れず、親としては本当にやきもきすることが多いです。

ところが私がこんなにやきもきしているのに息子自身は特にそれを気にしている様子もなく、いつもニコニコと楽しそうにしています。
周りの子が楽しそうに遊んでいるのを見ているだけで嬉しいようで、自分が輪の中に入っていなくても笑顔でみんなを見ています。
痩せ我慢をしているのではないか、私に心配をかけさせないように無理をしているのではないか...と思う時もありますが、息子にはそんな様子はありません。

私は私の価値観や先入観で、息子に「友達の輪に入ったらいいのに」とか「もっと積極的に発言したらいいのに」と思っていましたが、息子にとっては今のままでも充分幸せなのかもしれません。
幸せは周りが決めるものではなく自分自身が感じるもの。
たとえ不器用でも、友達と上手く遊べなくても、息子の幸せ度が高いならそれでいいんですよね。

ありのままの息子を受け入れて、息子の幸せを見守りたいと思います。

ちなみに私の幸せは去年旦那に買ってもらったボッテガ・ヴェネタを使っている時にあります。
でも、今年のクリスマスに新しいクロエのバッグを買ってもらう予定なので、ボッテガ・ヴェネタは売ってしまおうかなぁ。。。→ボッテガ・ヴェネタを売るならこちら